FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 容赦なく語られてると思われるネタです。考察サイトを見なくなって久しいので、あくまで、思われると書いておきます。紫が蜘蛛だとか、そういう話ではないのであしからず。

 少しだけ私(もしくは私たち)の生きている世界の話。通常、生きている人間は、“死”というものが理解できない。現象として、『生命活動の停止』と表現できるが、本質的な“死”については不明です。
 じゃあ生きている人間は、“生”について、“生命”について理解しているといえるのか? そんな疑問を浮かべる人も居るだろうけれど、「生命は運動や増殖のような生活現象からから抽象される一般概念」と定義されています。

 さて、幻想郷の話です。幻想郷にはご存じのとおり、冥界、地獄、霊、などなど、死後の世界が明確かつ生きている者でも観察できます。
 そんなことだからか、「咲夜さんが死んでも霊になって紅魔館でメイド長してそう」、といった話はそれなりに見かける話です。つまり、生きてても死んでても、特に変化が無いように見える。「冥界に生きた人間が行くと生と死の境界が曖昧となる」、というようなことは、誰かさんが言っていた台詞です。
 幻想郷に住む人間の死生観はどうなっているのだろう。生き方については人それぞれだと思うけれど、“死”については統一した見方をしているのだろうか。幻想郷において、概念上“死”の存在は、少し調べれば分かる程度に過ぎない。

 死ぬと人生が終わるだけで、『自分という存在』にはただのターニングポイントに過ぎないのかもしれません。まるで約60年ごとに生まれ変わるように。

 幻想郷において、“生”の対義語は何?
01/31|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 先日、灰色蜜柑箱の大妖精の絵に、「左足が長く見える」、とコメントしました。絵は素人より詳しいというだけで全くわかりませんが、感じたことを素直に送りました。どうやら描いた本人もそれを認めたようで、修正するらしいです。この話がどう、ということではなく、ただの前置きです。
 件の絵は、pixivとHPにアップしていたようです。私はpixivに登録していないのでよくわかりませんが、いくつか評価はもらっていた様子。評価をした人は、「この絵はどこか変だ」と思わなかったのでしょうか。

 人はあるモノを評価するとき、2つのタイプに分かれます。1つは、理屈で評価する人。もう1つは、感覚で評価する人。上の話では、感覚で評価して変に思ったので、足をよく見てから、理屈的にコメントしました(足の長さを測ったりはしてない)。

 東方に関連深い話で例えると、ニコニコ動画があります。いわゆる、ニコ厨、ゆとり、と呼ばれる人たちに対して、東方についてどれくらい知っているのか、と思ったことはないでしょうか。ニコニコ動画に限らず、新参の方を見ての感想でも構いません。私は少なからず思うことがあります。

01/09|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 相変わらず、カテゴリを『日記+』にするか、『東方』にするか悩んだけど、妖怪観を東方から持ってきている、という意味でカテゴリは『東方』になりました。
 人間は何ものに対しても、おおよそ対象の境遇に立って想像します。たとえば、自分と同じ年頃の人物が誘拐されていて、救出されたとします。この人物がどんな目にあったのか、どんなことを思ったのか、などを想像したくなったとすると、とりあえず自分が誘拐されたらどうなるか、といったことを想像すると思います。この想像のあとに、「でも人間色々だし、何も思わない人もいるかも」、などと色んな想像、自分では考えられないような性格で、想像をすることもあるかもしれません。
 さて、次は人間ではなく、動物を対象にしてみます。想像するまえに、「自分は動物愛好家だ」、などと考えながらだと、わかりやすいかも。一匹の犬がいます。この犬は食事などに不自由はしていませんが、ずっと鎖に繋がれていて、自由に動ける範囲が狭くなっています。この犬をかわいそうだと思いますか? 人間の同情だとか、自己満足だとか、そういう問題ではありません。私はかわいそうだと思いますし(どういう類のかわいそうなのかは問わない)、それは正しいとも思います。犬は散歩にいかないと辛い、散歩じゃなくても運動しないと辛いでしょうし、主人と一緒に居たいというような願望も持っています。では、ライオンが、動物園でよくあるような檻の中で、一頭飼われているとします。もちろん、食事は保障されています。これはかわいそうですか?
『檻の中は不自由だろうからかわいそう』、『一頭でさびしいだろうからかわいそう』、というような考えもあるかもしれません。しかし、実際のところ、ライオンはそんなに運動しなくても大丈夫ですし、一頭でも問題はありません。 不自由とか、さびしいとか、そんなことを当のライオンは考えていません。あくまで人間が勝手に想像した、「思い」です。このように想像してしまう考え方を、動物を擬人化して考えているといえます。もちろん、なにも悪いことではありません。でも、その考え方は、一概に正しいといえるのだろうか?
 上記のことは、妖怪にもいえます。たとえば、ルーミアには交友関係はあまりなさそうに見えます。これをみて、『1人ではさびしいだろうから、実は友人がいるだろう。そうだな、リグルとかミスティアとかが、合ってるかもしれない』、と考える人もいるでしょう。でも、この1人ではさびしいだろう、と考えることが、妖怪を擬人化して考えているといえます。
 実際のところ東方での妖怪は、かなり人間臭い奴が多いですし、この擬人化して考えるやり方で直感的にわかりやすくなる、といった効果もあります。良い悪いという問題ではなく、自分を自覚するとっかかりの1つとして、どうでしょう。
 なお、犬云々、ライオン云々の記述の明確なソースはありません。とある本から参考にしただけです。

12/15|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 ネタはあるのに、気づいたら黄昏酒場に手を出してしまい、感想を書かなければならないはめになりました。書かなければならないというのは、これを逃すと書く機会がもう訪れないだろう、という意味です。
『東方地霊殿(以下、地霊殿)』、『黄昏酒場(以下、酒場)』の感想が主です。酒場はまだしも、地霊殿は不評なので、アレルギーをお持ちの方は読まないでください。所詮、一感想ですし、ZUN氏もこういう感想は否定していません(公の発言からの推測)。むしろこういう感想は喜ばしいことであるものです。これを読んでどう思うのかも自由。
 まずは地霊殿から。いつぞやも書いたような気もしますが、ストーリー、音楽、雰囲気などの要素は大好きです。自分の中では1、2を争うレベルです。しかし、STGとしては残念ながら面白くありませんし、楽しくもありません。楽しくない理由として、ホーミングが無くなったのが一番の原因です。パターン化がかなり重要になるわけですから、色々と覚えなくてはなりません。これは、まぁ、甘えかな、と考え直して、はじめてステージプラクティスを真剣にやることにしました。そんなこんなで4面クリアまでは安定(残機は2~5)しました。ワクワクしながら5面に乗り込んだのですが、無様にも、超えられません。猫の弾幕が非常に苦手な分類なのが主な原因です。練習するかー、と思って、ステージプラクティスを選んでも5面は選択できない、クリアしないといけないらしい。もう一度舞い戻って、クリアだけしようとコンティニューすると、コンティニューしてもステージの最初からになります。20回ぐらい5面をコンティニューしたところで、諦めました。自分には向いてない。
 地霊殿が面白くないと見る理由は、ホーミングがない、スコアを稼ぐ意味がない(稼ぐ手段も微妙)、猫の弾幕が苦手でコンティニューしてもクリアできない、の3個(4個か?)。他にもあるかも。
 次は酒場。久々にやりました、スコア履歴を見ると、どうやら10ヶ月以来のプレイ。約100分ほどでクリアしました。すごく面白かったし、楽しかった。難易度の方は、東方紅魔郷ノーマルぐらい。
 楽しかった理由は、コンボシステム(怒首領蜂や風神録とはちょっと違う)、道中が短いしボスも短い(鳥竜と同じ)、またボム(ゲ□)の回復も楽、の3個。他にもある。

 長々と書きましたが、単にいいたいことは2個。
・東方地霊殿は難しすぎる。
・黄昏酒場は見た目より簡単。


12/12|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 久々にスパムがきてたので、いつも通りIP拒否をしようとしたら、『ブラックリストは1000字まで』と拒否に拒否られました。一年分ももたないとは驚き。
 地霊殿を少しプレイ、ネタが色々見つかります。しかし異常に難しい。何が難しいって、ホーミングがない。後は点数エクステンドじゃないのと、霊撃が弱いこと、この三点が非常に苦しいところ。
 今回の話題は、四字略語について。四字略語というのは、「マスコミュニケーション」を「マスコミ」と略すように、四字に略すことらしい(正しい定義は知らない)。東方で四字略語って何かあるでしょうか? ゲーム全般で使うような語句、「ゼンクリ(全部クリア)」などは省きます。と思い立って考えてみたものの、案外思いつきません。「おおおな(お前が音速が遅いな)」、「レザマリ(レーザー魔理沙。他にミサマリなど)」、「カップリング系(マリアリetc)」、「産廃(略)」、おおよそ東方本編とは関係ない語句ばかりです。カタカナが少ない東方では、四字略語が少ないのだろうか。
 ここは新しい四字略語を作ってしまいましょう。「ダサイオ(ださくないよ)」、「パフェー(あたいがやっつけちゃうんだからっ☆)」、「サイレン(砲台じゃない)」、「トリトン(海?)」、「インクリ(++)」、「オキロー(言われたい)」、「カタトリ(人形の型は人間で)」、面白くないのでここらで許してください。

12/05|東方Projectコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
 プレイ日記というより、感想日記になります。本当にただの日記です。
 12月になったことだし、と東方風神録(以下風神録)をクリアしてみることにしました。もちろん、霊夢A。東方を真面目にやろうとしたのは二年ぶりくらい、風神録をプレイするのは一年ぶりだろうか。とりあえず10回程度プレイ。タイトルにもあるとおり、一日で攻略は終了しました。といっても、霊夢Aだけの話で、ノーマルしかやっていません。エクストラはケロちゃんを拝んで終了。
 面白いが楽しくない。曲、雰囲気、キャラクタ、何もかもが好きなんだけど、STGとしては鳥竜とか、大復活みたいな、ああいうのが好きな自分には爽快感が足りない。ホーミングで敵をバッタバッタなぎ倒すぐらい。弾を避ける楽しさも、東方よりはCAVE寄りの考えなのかもしれない。断定できないのは、東方で被弾すると首を傾げることが多くて、これは、当たり判定に違和感があることが多いから。
 ところで、ホーミングを使うのは東方ぐらいです。鳥竜も大復活も、レーザーが強い機体を使っています。大復活の場合は緑ヘリが楽しすぎる、って理由が大部分を占めたりしますが、とにかく火力重視。
 なんで東方だとホーミングなんだろう? 思うに、1)霊夢の方が好き。2)東方紅魔郷(以下紅魔郷)のレザマリしか認めない。3)そもそも敵位置覚えるのが嫌い。の3つだと思います。敵位置は体に覚え込ませるものですが、東方でそこまでやる気が起きるのは紅魔郷ぐらいのもんです。

 風神録の感想忘れてました。これは良作だと思います(東方だけで比較して)。紅魔郷の再来といっていいぐらい。でも私の中では、「紅魔郷>超えられない壁>風神録>その他」ですけども。
 もう1つ。今回久々に風神録をやって、はじめて風神録を起動したときもだけど、タイトル画面で感動しました。字がでかくなったり、よく動くようになってるからなのか、絵のせいなのか、よくわかりません。
12/02|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ルーミアに教師とか、似合ってるんじゃないかなと思う今日この頃。
割と面倒見は良い印象があるのです。教養面は大丈夫だろうし。
しかし、ふと、思い返してみると、なぜこんな印象があるのだろうか。
一般的な二次創作ルーミアって面倒見よかったっけ。謎だ。

11/30|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ただの日記でも、無理やり東方に繋げて考えてみよう、のコーナー。
今回は東方キャラクターの交友関係について、無駄な考えを展開してみましょう。
ところで、追記に書かない方がいいのか、追記に書いてスリムにした方がいいのか、どっちなんだろ。

友人……欲しいです……。
リアルな話じゃなくて、ネット上的な意味で。

11/28|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
定期小話の進行が芳しくありません。
これを書くならこれをこうしよう、といったものは分かるのですが、普通の文が書けません。
まだ小説を読み足りない証拠です。

11/16|東方Projectコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
更新が滞っているようです。
なぜかって?
大復活をやりすぎたからさ

10/20|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。