QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
カテゴリ:ルーミアを追加。
これからもルーミア好きだよ日記を書くと思うので思い切って追加してしまった。
まずは設定資料をまとめることからはじめます。資料にピンときたら本題へ

今回は公式設定のみを書きます。
自称設定厨なので、まずは公式ありきということで二次や脳内設定は排除。
勘違いしてる部分もあるだろうけど、もし気になれば指摘をお願いします。


二つ名  宵闇の妖怪
名前    ルーミア(Rumia)
種族    妖怪
能力    闇を操る程度の能力
出演作  東方紅魔郷、東方文花帖(書籍・ゲーム共に出演)
       なお共にSTAGE1で出てくる
身長    120cm後半~130cm前半
外見    略

設定.txtから
・ストーリー上重要な位置に居ない、何の為に生きてるのか不明
・髪の毛に巻いてるリボンは御札、ルーミア本人では触ることすら出来ない
・紅魔郷時点では闇を操ってる場面はない
・ルーミアの周りはいつも夜になっている

阿求の視点から(求聞史紀)
・危険度:中 人間友好度:低 活動場所:不明
・妖怪では弱い部類に入る
・昼間でも夜と同じ暗さにしてしまう能力を持つ
・松明も無効化する魔法の闇
・他の妖怪と群れで行動する事はまず無い
・人間を襲うときは力業、と言われている
・新月の夜は闇の能力を使わず行動する事が多い
・人喰い
・危険度は水増しされており、実際に人間を食べる事は無いだろう

ルーミアの自称(文花帖)
・夏でも日差しを避ければ暑さを回避出来る
・夏の夜は気持ちが良い
・避暑楽園に変な妖怪達が入ってくる
・闇の中に光を取り入れることが出来る
・少しでも光が差し込むと眩しい
・闇の中から外は見えない
・木にぶつかるのは闇の風物詩
・日の光に当たると肌は荒れる、何も考えられなくなる、髪の毛はカサカサになって枝毛も増える、挙げ句の果てに眠くなる
・月の光は大丈夫、夜は闇を出す必要が無くて明るい
・昼も夜もふよふよ飛んでいるだけ(ふらふらじゃない)
・妖怪は人を襲うのが仕事
・最近人間が襲われてくれない
・最低でも闇に紛れて夜道で待ちかまえる位の努力は面倒くさい

スペルカード
月符(げつふ)
「ムーンライトレイ」
夜符(やふ)
「ナイトバード」
闇符(あんふ)
「ディマーケイション」
闇符(あんふ)
『ダークサイドオブザムーン』
夜符(やふ)
『ミッドナイトバード』
注:スペルカードの読み方は人それぞれ

台詞関連については次回
スポンサーサイト
02/08|ルーミアコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。