QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
神主インタビューからためになった事とか色々抜き出します。
今回は日記というかメモみたいなもの、心を落ち着かせて本題へ


・ゲーム制作する際には、プレイ時間に気をつける。

当たり前の事だろうけど忘れていました。
SRPGはそんなに気にしなくていいと思ってる。
でも一ステージ一ステージのテンポとか決めた方がいいかもしれない。


・~~が好きで~~をマネているのに、~~にする必要がないのも同人のいいところ。

確かにいいところだとは思う。
しかし、私は東方にしたい。
もう少し成長してからまた考えよう。


・「シューティングで一番好きなのは受け身の部分」
 与えられたものに対処することでより難しい新しい課題が与えられる。
 敵は倒しに行くのではなく、迎え撃つ。

ゲーム観に限らず、人の見方を見るのは大好き
これも東方をやるのなら何かで活かさないといけなくなる。


・ゲーム性の原点はスコア
 「点数を高めるためにはどうすればいいんだ?」と考えることが、ゲームの原点のような気がする。
 ゲームをプレイしていて「これが正解なんだ」と分からせるものがスコア

SRPGの場合「どう動けばボスを倒せる確率が高くなる?」になるのだろうか。
これを意識するだけで少し面白いゲームになるかもしれない。


・音楽を作ったがゲームに流れる様子はない、なら自分で作ろう。

大波こなみさんの声がもっと聞きたい、なら自分で作る。
それが全て、生きる目標。


・スコアも重要だが、ゲームに最も必要なのは作品性
 東方という作品を見たときに,「こういうシューティングゲームがある」という感覚よりは「東方がある」と言われたい

神主かっこよすぎ、ここまでこれたらそれはもう誇りになるだろうなぁ。
誇りに思いたいから私はこれを目指す。


・作品性はキャラだけじゃなく、作者の考えとかが滲み出てればいいかな

同人をやる人によって解釈が変わるのとかも、作品性だろうか?
大小はあっても、滲み出せてればそれは作品になると信じてる。


・最初に何かがあって、これが面白いと思ったものが形になりシステムになる。

今現在やってる制作作業と変わらない。
これをいい方向に継続していこう。


・東方最大の目的は敵を魅力的に見せること

プレイヤーに先を見せたい、なら話やシステム、敵が魅力的でなければならない。
人に何かさせる場合に最も必要ですよね、先が気になるようにさせること。
この部分が足りてないと思うからなんとかせねば。


・「何もないところから生まれた発想」なんて、世の中にそんなものは存在しない

分かりきったことでも、再認識は必要です。
ついつい忘れがちになるこれ、極めれば模倣なんて楽勝なんだろうね。


・色んな要素を自然に結びつける。

スペルカードはキャラの魅力を引き出すための要素。
だから自然に受け入れられるとのこと。
これも制作する際に気をつけないといけないこと、矛盾はいけない。


・ロジックがよくても、それを受け入れられるかは別の話

いいロジックを使いたいなら、別の事を考えよう。


・東方はシリーズじゃない

これを自己解釈で語ると長くなるから略
そもそも神主が違うよって言ってるのなら説明はどうあれ違うんだよ。


・人間は変わるもの。考えが固まって矛盾が生じなくなったらストップ

環境が変われば考えも変わる。
環境が変わらない環境は果たしていい環境か?


・マニュアル、タイトル画面、スコア入力、等々全てひっくるめて一つのゲーム

全部がそのゲームらしさを感じれれば、ゲームは面白くなる。
これは意識しても大変辛いと思う。でもやらないとね


・ランダムは諸刃の剣

出来るだけプレイヤーの思うがままに進めたいですよね。
でも確実性ばっかりもパズルゲームになる。
しかし、ある程度のランダムを使えば面白くなる。


・プレイヤーが思ってる以上に制作側は気を使っている。

適当にやってはいけない。
はい、ここテストに出るよー


・ミスした瞬間にプレイヤーが解法を理解するのが理想

ゲームにもよるだろうけど、ミスばっかりだと辛いですよね。
シューティングだと「あそこ抜けれるじゃん」とか気付けると楽しい。
そんな感じを目指す。


・それでもプレイヤーに意地悪はする

ミスってすぐ理解出来るのならむかつくのは最初に一回のみ。
少しくらいの意地悪ならOKOK


・縦の方が向かっていくイメージがある。
 キャラの魅力を出すには対決の構図がよくて、横より縦の方が迫力が増す。

無意識で縦長マップを多く作ってたりしてました。
それを意識してあえて横長マップに変えたりしてたけど、やっぱり迫力を感じていたのかもしれない。


・ゲーム性だけ、キャラだけ、世界観だけ、そこで立ち止まらせない

全てが繋がってれば、色々見るようになるのかな。
こう何回も出てくると神主の考えがわかった気になれてGOOD


・リメイクするぐらいなら新作

リメイクは新作作るぐらいに手間がかかる。
それぐらいなら新作を作ってしまえ!


・東方は分からないなりに楽しいのは、出てくる内容の多くが現実にあるから

絵でも変な格好してたら違和感を覚える。(らしい
それはゲームにも言える、と
こういうの気にならない性質だからここらへんが難しい。


・否定的な意見に耳を傾けても肯定的に受けるかは別
 意見に到達するまでの過程を考えて、自分の中で昇華する。

自分が楽しいゲームを作るのなら、これはいい手だと思った。
成長する機会をくれているわけなんだから。


・うっかりゲームを作る

人間ノリでなんとかなりますよね(笑)
スポンサーサイト
02/05|東方Projectコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
リアルが忙しくてこれなかったさ'`,、('∀`) '`,、
もったく私にわからなそうなジャンルだけど、足跡残していくぜ。
人間ノリと勢いでなんとかなるもんだ(笑。
そこらへんは同意。
From: エイン * 2008/02/08 14:21 * URL * [Edit] *  top↑
>>エイン
やっといらっしゃいましたか
これからわかればイインダヨーってのは置いといて
これからものんびり見てやってくれればうれしいですぜ
From: 正面戦士 * 2008/02/08 21:37 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。