QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
これはひどい
ぐろい描写は別にいいんだけど……配役をミスっただろうか
元ネタは『オオカミと七ひきの子ヤギ』

・何らかの形でルーミアを出す。
・結末などが改変されることがある。
・もちろんグロ描写があることもあります。
・基本的にグリムのお話に沿ったものである。
・能力などの使用を、都合の良いように禁止する。


配役
オオカミ:ルーミア
お母さんヤギ:霊夢
末っ子ヤギ:魔理沙
パン屋・粉屋:アリス
子ヤギ:チルノ、リグル、ミスティア、橙、秋静葉、秋穣子


 むかし、とある神社に、巫女がいました。名前を霊夢といいます。変わった名前ですが、
巫女なんてそんなものでしょう。
 この神社には七人の孤児がおり、一番お姉さんである霊夢が、世話をしていました。
「チルノ! 寒いから氷作るのやめなさい」巫女の次にお姉さんな、静葉が言いました。
「あんた以外、寒さに強くないんだから」静葉の妹である穣子も言いました。「あたいの
修行の邪魔しようって言うの!?」小さくて馬鹿な、チルノが声を張り上げます。「こ
なぁぁぁあああゆきぃぃぃいいい!」「こんなところで修行する意味ないでしょ」「歌っ
てないでとめないと! それに粉雪ってレベルじゃないよ!」いきなり歌いだすミスティ
アを、無視して、橙がまともな事を言います。一方、リグルは、歌にツッコミをいれます。
「修行ってのはこうやるんだ」末っ子の魔理沙は、そう言うと、チルノに水をぶっかけま
した。「あんたら、うるさい!」騒々しい妹たちを、霊夢が叩きのめしました。
 こんな風に、賑やかで豪快な日々ですが、霊夢は七人の妹を、それなりにかわいがって
いました。
 ある日、霊夢は食事を買いに、里に行こうと思ったので、妹たちを呼び、言いました。
「いい? 私はこれから里に行ってくるから、ルーミアに気をつけなさい。あいつをうち
に入れたりなんかしたら、あなたたちは食べられてしまう。あの妖怪は、黒い服を着てい
るから、すぐにわかるわ」
 すると、妹たちは言いました。
「それぐらい、分かってるよ。紅白の見分けぐらいつくわ」
 霊夢は、(紅白?)と少し不安でしたが、里へ出かけました。 
 しばらくすると、トントンと、表の戸を叩く音がして、誰かが、言いました。
「あけておくれ、いい子たち。みんなに、いいものをもってきたよ」
 明らかに、霊夢の言葉遣いではないので、妹たちはルーミアと気づき、声をはりあげま
した。
「開けないよ! 霊夢がそんな丁寧な言葉で、呼ぶはずがない。あんたはルーミアね!」
 ルーミアは、家を離れ、オオカミと七ひきの子ヤギのお話を忘れると、神社にひきかえ
し、また戸を叩いて、呼びました。
「帰ったわよ! はやく開けなさい!」
 でも、戸に映っている影が真っ黒だったので、妹たちは、声をはりあげました。
「開けないよ! 霊夢はそんなに黒い服を着ていない。あんたはルーミアね!」
 そこで、ルーミアは人形遣いのアリスの家に行って、言いました。
「紅白の服をもらいにきたわ」
 アリスは、(巫女にでも転職するのかしら)と思い、面白そうなので、素直に渡しまし
た。巫女服をよくわかっていないルーミアに、丁寧に着付けを施し、別れました。
 さて、ルーミアは、これで三回目の訪問になります。戸をトントンとたたき、言いまし
た。
「今日はいいお茶が入ってたわー」
 妹たちは言います。
「ゆっくり待っててね!」
 さて、言葉遣いも、紅白の服も、霊夢のように見えます。でも、そんなことでは引っか
かりません。両腕を上げているシルエットが、見えたからです。どうにか追い払わないと、
と妹たちが考え始めたその時です。馬鹿なチルノが、戸を開けてしまいました! そう、
馬鹿なチルノは、ルーミアと気づかなかったのです。
 チルノは、声を上げることもなく、ぺろっと、のみこまれてしまいました。
 妹たちは、色んな意味でびっくりぎょうてん、どこかに隠れようとしました。静葉と穣
子はテーブルの下に、リグルは台所に、橙は廊下に、ミスティアは布団の中に、魔理沙は、
天井裏にとびこみました。
 けれど、ルーミアは、かたっぱしから見つけだすと、次々にのみこんでいきました。け
れど、天井裏にいる、魔理沙だけは、見つかりませんでした。暗くてよく見えなかったよ
うです。
 ルーミアは、お腹いっぱい食べてしまうと、ふらふらと家から飛び出し、近くの木の下
に寝転がり、そのまま眠りこみました。
 すこしして、霊夢が、里から帰ってきました。まあ、霊夢の見たようすといったら! 
表の戸は開けっぱなし。テーブルも、畳も、やかんもひっかりかえり、桶は、壊れてばら
ばら。ふとんは、引き裂かれています。妹たちを探しても、どこにも見つかりません。名
前を呼んでいっても、さっぱり返事がかえってきません。でも、魔理沙の名を呼ぶと、天
井裏からクシャミが聞こえてきました。
「少し、ほこりっぽいな」
 魔理沙は天井裏から出てくると、一部始終を話し始めました。「紅白の服を着たルーミ
アが来た。十字架のシルエットが見えたから、みんなは気づいたんだが、チルノは馬鹿だ
から、開けてしまったんだ。他のみんなは食べられたぜ」そんなことよりも、部屋を荒ら
されたのに怒った霊夢は、外に飛び出しました。すると、木の下に、ルーミアが、寝てい
るではないですか!
 そこで、霊夢は、魔理沙に、神社から針とお札と箒を取りにいかせて、封魔陣を放ちま
した。まず、寝ているルーミアを、身動きできない状態にしたところで、ぽんぽんに膨れ
たルーミアのお腹に向けて、大量の針を投げつけます。すると、お腹が裂け、無傷の妹た
ちが、次々に顔をだしました! このルーミアは、はやく食べたくて食べたくて、かまず
に、のみこんでしまったからです。
 すさまじい早業で、妹たちを助け出した霊夢は、しかし、妹たちを助けただけでは気が
すみません。霊夢は、魔理沙に言います。「ラストワード」魔理沙は声を張り上げて、宣
言しました。「ブレイジングスター!」
 箒が、ルーミアに突き刺さると、魔理沙は箒から飛び降りました。そして、箒はそのま
ま近くの泉まで飛んで行き、ルーミアを泉の奥深くまで、運んで行きました。
「そういえば、いいお茶が手に入ったのよ。さっさと掃除して、お茶の時間にしましょう」
「先に掃除するの? のんびりしようよ」
「部屋の状態をわかってて言ってるならご飯抜き」
 みんなは、神社へと、帰っていきました。
 ところで、ルーミアは、泉の奥にめり込んだまま、出てくることはありませんでした。
「ぶくぶくぶー」




お母さんヤギがいました。七ひきの子ヤギを可愛がってました
餌をとりにいくお母さんヤギ、オオカミに気をつけるように子ヤギにいう(何らかの判別方法を聞く)
お母さんヤギが出て行くとお母さんヤギを語ったオオカミがくるが、オオカミの判別方法を教えてもらった子ヤギたちは進入を許さない
オオカミは知恵を使い子ヤギを騙し進入、末っ子以外を食べる(隠れてる場所など、何らかの形で末っ子が助かる)
お母さんヤギが戻ってくると末っ子しかいない。泣く泣く外に出るとオオカミが寝ているので腹を掻っ捌いて子ヤギを助ける
何らかの処置をして、水に落として殺す

食べなくても、誘拐とかでいいのだろうか
食べるという行動に何か含みがあるか分からない
詰め物は石じゃないといけないのか? 水に落とさないといけないのか?

スポンサーサイト
06/23|小説コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2015/06/13 07:56 *  * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。