QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
タイトルがどことなく卑猥というかグロ?
内容はいつもどおりの妄想でございます。
途中で眠くなって、はたまたいつも通りの乱文。


魔理沙「いるいる。悪寒が走るわ、この妖気。
     何で強力な奴ほど隠れるんだ?」
レミリア「能ある鷹は尻尾隠さず……よ」
魔理沙「……脳なさそうだな」
レミリア「人間だけよ。
     脳なんて単純で科学的な思考中枢が必要なのは」

能ある鷹は爪を隠す
本当に能力がある者は、その能力をむやみに外に出さない。

強力なんだったら隠れなくてもいいだろ
人間より優れてるから隠れるんだよ
慣用句間違ってるぜ、文字通り脳がないな
うっさいわね

とまぁ、自分なりに訳すとこういうやりとりがあったわけです。
この脳使ってるのは人間だけなんだよ!ってのは苦し紛れのことなのか、はたまた本当のことなのか、という妄想です。
一番気になるのは、お嬢様からすると脳は単純な器官らしいとのことなのですが、スルーします。


まずお嬢様には脳があるか、ないか?
これはあると思いたい。
人間は脳が必要だが、吸血鬼にとってはあってもなくても大丈夫と受け取れるので、脳はある、と。
頭吹き飛ばされても死なないんだろうし、そうなると吸血鬼からすると脳は重要な器官じゃないのかな。
ところでお嬢様はどうやって考えているのか?
科学的じゃない思考中枢を持ってるんでしょう、幻想的な思考中枢です。
きっと魂が本体なんじゃないでしょうか? 蓬莱人と似たような感じです。
蓬莱人は100%魂ベースだけど、吸血鬼は肉体も何割かベースにしてるとか、そんな妄想。
ついでに、魂と肉体(脳)で考えてるから、複雑なのかもしれません。

ここまで考えて思ったこと。
吸血鬼の不老不死ってなんやねん。
蓬莱人は、魂がベースになることで肉体を作れる。肉体は不滅になる。
魔法使いは、殺されない限り死なない、不老。
幽霊とかは、生きてないから死なない、一応位置づけは不生なそうな。
吸血鬼は成長を止めるだとかなんだとかで不老になってるのはわかる。
でもなんで不死なのか?
死んだもの、不生のものが生きたように動いてるだけと解釈した場合、不死とはまた違う意味になってしまう。
不死の仕組みも蓬莱人と似たようなものなのでしょうか。

蓬莱人は、例えば肉体が海に沈められても別の場所に魂が肉体を作る。
吸血鬼は、肉体にも少し依存してるので、蝙蝠などに化けて一部を逃がすとか、欠片でも残ってればそこから復活するのだろうか。


話それまくりましたけど、結論は、
吸血鬼にも脳はあるけど、人間と違ってそこまで重要な器官じゃない。
スポンサーサイト
06/05|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。