QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
やっとこさ本番の東方日記です。
SRCと同じく一回目なので紹介をします。
知っている人には当たり前じゃん。という話ばかりですが再認識や暇つぶしにどうぞ。
それでは読みにくいのを覚悟してから、本題へ

東方Projectとは、
同人サークル「上海アリス幻樂団」(メンバーはZUN氏一人のみらしい)
によって制作されている弾幕シューティングゲーム。

だが私は弾幕シューティングゲームとしての東方より、世界観やキャラクターに惹かれている。
なので弾幕シューティングについては余り語らないことにする。


東方某は十作以上作られている。
しかし[シリーズ]ではないので、東方[シリーズ]とは書けない。
ただ世界観などは繋がっているので完全に[シリーズ]ではない、ということではないようだ。
そんな東方某の何が魅力なのか、原因は『キャラ設定や舞台設定があるのに詳細までは描かれていないこと』
表現されすぎると、それをネタに何かする場合かなり限定された表現しか出来ない。
これがまず土台としてある。ちなみに無い作品はあんまり同人として広がってない事が多い。

その土台の上に『詳細がないのに魅力的だと思われるキャラや舞台』がある。
使い古された表現で、ありがちな原因だけどこうなる。
ただZUN氏(以降神主)の独特なセンスと、比較的珍しい考えにより作られてる、会話や、表現方法などが魅力なのである。
そして、その上に同人である、という点。
やりたい放題である。なんてったって神主も同人OKと言っているから。
東方の同人で商業利用されてたりもするが、神主は黙認しているようだ。
(周りの二次創作を見てないと言っているのでそのせいかもしれない)

そんな魅力的で、ほぼ全てが想像の余地ありまくり。
ゲームを楽しみ、音楽を楽しみ、会話を楽しみ、同人も楽しむ。
美味しい作品です。



先ほど『だが私は弾幕シューティングゲームとしての東方より、世界観やキャラクターに惹かれている。』
と書いたが、そもそも東方に入ったきっかけはシューティングが好きだからである。
だがゲームとして遊んでいる内に、世界観などのウェイトが大きくなった。
なのでシューティングとしての東方も大好きである。

でも風神録出てから数回しかプレイしてないんだよな……
スポンサーサイト
01/31|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。