QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
さすがに一週間も更新ないとダメかと思い久々に日記。
それでは、妄想と考察の渦巻く逢魔が時へどうぞ

横Wルーミア



ルーミアは宵闇の妖怪です。
こんなところ見てる人からすると「何を今更」な話でしょうが、宵闇の妖怪です。
しかし、この『宵闇』というものはどういう意味なのか?
それが今回のお題です。

まずは広辞苑から(最新版じゃないんです)

宵闇
1.陰暦16日から20日頃
宵のうち月がまだ出ないで暗いこと。また、その頃。
2.夕闇


1.日が暮れてからまだ間もない時。
夕べと夜中の間。初夜。また、よる。夜間。

夕べ
1.日が暮れて夜が始まろうとする頃。

初夜
1.古くは、前日の夜半からその日の朝までの称。
後には夕方から夜半までの称。


夕闇
1.日が落ちて月がのぼるまでの暗さ。
主に月の出のおそい旧暦20日前後のこと。

昔は夜中から朝まで動く、妖怪らしい妖怪だった。
しかし、最近になって夕方から夜中までしか動かない怠け者になった。
……あれ? ストレートに書いたらすっごいそれらしい感じになった。
困った。考察する気も起きないぐらい納得いってしまう。最近人間が私に襲われてくれないのよー。
これだけじゃあれなんで、別視点からのお話を次に、



1.暗いこと。光のないこと。
2.夜の暗いこと。

8.世人の目にふれないところ。

宵闇というのは普通、季語か時間帯を指す言葉です。
季語の可能性があると面白いのですが、夏に堂々と登場しちゃってるので除外。
そういうわけでルーミアは「夕べから夜中の間の妖怪」になっちゃうのです。
だがしかし、ここで闇を操る程度の能力に注目してみる。
『宵闇の妖怪』ではなく『宵の闇の妖怪』なのではないかと妄想しちゃうわけです。
宵の闇の妖怪なのなら、リボンで闇の力を封印されたが、封印しきれず宵の闇の妖怪になっちゃいました。
っていうよくある二次設定が納得いく。
一般的な二次創作、意味不明な言葉の組み合わせですが大抵はこっちで認識されてるのかなぁ?
という日記でした。


8は、まぁ、メモリーオブジェットみたいなことが能力使ったら出来ますよというだけのお話。
スポンサーサイト
04/17|ルーミアコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。