QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 何かに集中すると、呼吸するのを忘れる。例えば、読書をしていて、その内容について考えるとき。また、その考えを文字に変換するとき。書き終わってから一息つくと、肺が苦しく、しばらく深呼吸を繰り返すことになる。
 おそらく、チャットや会話をしているときにも、同じような現象になることがあるのだろう。

 私は、長い時間、安定した出力で思考ができない。思慮が浅くなるのだ。もちろん、集中力の低下が原因であろう。身体の疲労ということもあるだろう。だが、呼吸が正常ではないという点が、大きいように感じられる。呼吸が乱れれば疲労は加速するだろうし、集中もできなくなるだろうからだ。

 呼吸までも意識に顕在化しないといけない。極度に緊張しているときに意識するのはよくある話だが、考え事をするだけでこうなるのは不器用な話である。
スポンサーサイト

07/17|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。