QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 自分の考えを持たない人は、何も覚えていないといえる。例えば、鉛筆を憶えていなかったら、目の前に鉛筆がないと紙に何も描けない(前提条件を幾つか省略)。

 落ちているものについて考えることはできる。誰かが発想した考えについて意見を言うことはできる。どういう意味か判らないのなら質問できる。しかしこれは、自分の考えではない。他者の考えに乗っかって思考実験をしているだけだ。この思考を自分のものにしようとしているのなら、記憶は可能だろう。


 私は実験に全てのCPUを使う人間だ。
「この世は不平等だ!」
 という意見を持つ人がいたとする。これについて私が意見をしたいと考えたならば、
「平等とは何だろう、この世とはどのレベルを指すのだろう、何を対象に不平等を訴えているのだろう」などと考え、『こういう人間もいる』という最も重要なこと、記憶をしない。

 どうしたら良いだろう? 意識するしかないのだろうか。今は少し変わった発想をするだけの人間でしかない。役にたたねぇ。
スポンサーサイト

07/12|日記コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
この一文めから間違ってる気がするな。
>自分の考えを持たない人は、何も覚えていないといえる。

自分の考えというが、そもそも自分のものってなんだい?
所有なんてものは人間が抱く幻想だと考えることもできる。
思考も、思考に使う文字も、体を構成する物質も借り受けているだけかもしれない。
少なくとも俺は絶対的な記憶も思考も文字も持ち合わせていない。
アイデンティティって現代の幻かもしれないぞ。
From: MC * 2009/07/12 14:32 * URL * [Edit] *  top↑
よくもまぁ、こんな意味不明な記事にコメントしましたね。ありがとうございます。

言い方を変え、「自分の思考の方向を制御できない」と表現してみます。
ただ、疑問に思われてる場所が、『自分の考えとは存在するのか』というところに見えるので、以下にそれに対する返答を書きます。

自分のものとは、だいたい『自分が信じるもの、または傾向』と考えています。
例えば、自分の性別は何だろうと思ったとき、反射的に浮かぶ答えがあると思います(あくまで私の場合ですが)。
これらは考えであるだけなので、幻想と捉えることもできると思います。
しかし、幻想が自分のものではないとするのはなぜでしょう。
私自身は言うところの幻想しか持ってないと考えています。
幻想しかないのなら、比較対象もないのでそれは唯一の一、絶対であると思います。

補足を2つ。
“借り受けているだけかも”、“アイデンティティが幻”、という話を否定するわけではありません。

記事の内容は、『この分野について私は信じるものを持っていない、持とうとしていない。』と書くのがベターと思いました。
From: 正面戦士 * 2009/07/12 15:43 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。