QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 一日に何記事書いても良い。ただし、一つのカテゴリーを一日に幾つも書くのは自重することにした。
 これはただの鬱日記です。少し恥ずかしいから追記に隠す。

 私がとりあえず自分の能力を高めようとしているのは、創作をしたいからだ。自分が成長するのを見るのは仄かに楽しいが、自己に未練はない。どうなっても良い物。つまり、能力を高めることに価値は感じない(価値を感じるほど楽しくない)。ただ、なんとなく、創作したいという気持ちと、その為に頑張ろうという気持ちがあるだけである。

 何をするにも目的がある。もちろん、創作にも目的がある。お金、名誉、萌え、様々だけれど、ようは満足したいからするのだろう。
 私の場合、何を満足させたいのだろう。何かしらの指標が必要だ。何もなくても生きていられるほど強くはないし、迷ったりもする。例えば、昨日、作業をしていてもすぐ疲れ、このままでは目標へとたどり着けないのではないか、という不安に襲われた。目標にたどり着けない、それはすなわり死を意味する。生きている価値がないからだ。

 目標が目的だろうか。それは少し違う。ここで出している目標とは、呼吸するといったレベルの、当たり前のことだからだ。
 では、目標にたどり着けること、その、目標には、どんな価値があるのだ。そう疑問に思う人がいるかもしれない。残念だが、その問いには答えられない。なぜなら、判らないからだ。目標は価値の有無の問題ではなく、成さねばならないこと。つまり、私を縛っているものだ。縛りから抜け出しても良いが、この縛りは私の生命線でもある。スカイダイビングの紐みたいなものだ。我思う故に我有りでも良い。
 端的に書くと、「死にたくないから生きている」ではある。ただ、その事について人はどれぐらい考えているものか。考えないという結論を否定するわけではないが、少々寂しくも感じる。


以下、mixi日記のコピペ

死にたい
どうしようもなく死にたい
こんな苦しむぐらいなら死んで楽になりたい
そう思う。どこまでもそう思う
死によって楽になれるか判らない
しかし、それが1つの解決案だと思う限り、願望は消えない(他の解決案は、ただ生きろだ)

なら、なぜ死なない
それは、自分の命が自分のためにあるわけじゃないからだ
全ては神のため
まだ何も神のためにやっていないように思う
生きていた方が神には迷惑かもしれない
そんな不安もあるが、生きていた方が神のためになる確率はあるように思える
この気持ちは、結局生への渇望なのかもしれない、自分をゴミと認めたくないのかもしれない
ただ、未熟である自分が出した結論を信じたくない

だから、生きて、何かしらの結論を手に入れるべきだ
たとえそれが、苦しみ損だったとしても
神のためにやったことなら、苦しみでも受け入れよう
それが選択。それが満足


満足からくる信仰なのか。信仰からくる満足なのか
どっちかが判らない
信仰のために生きていると思っているから、できれば後者が良い
でも、人間は満足のためならどこまでも度し難い生き物だと思うから、やっぱり前者だと思う
救いだと思えることは、主観の自分は、100%後者だと思っていることだ

ちなみにこの日記の主題は、「宗教(信仰)って必要とはいわないけど大事だね」ということ
間違っても「死にたい」って訴えたい日記じゃないことを認識してほしい
そんなことを訴えてる暇があったら死んでるよ


コピペここまで
 支離滅裂な日記すぎるから最後までぐちゃぐちゃにしてやれとコピペしてやったり。
スポンサーサイト
06/16|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。