QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 図書館に行きました。休館でした。あらー。

 道中に、2つ、印象深い出来事がありました。印象深いってのは、記憶に残っている、という意味です。1つは、この時期はカラスの巣立ちではなかろうか。2つは、昼に幻想的な光景を見た。

 堤防沿いに自転車を走らせるのですが、ゴミが散乱しています。そこにカラスがよく居られるのです。通るたびにカラスを観察します。カラスで一本お話を書いたときに、適当にカラスについて調べたので、なんとなく愛着が湧くぐらいには好きです。それで気づいたのですが、いつもと違う顔ぶれが居ました。
 良い表現をすると、あどけない顔、心地よくない表現をすると、アホ顔。そんなカラスが居ました。また、近づいても逃げない者、離れているのに逃げる者、逃げようか戸惑う者、経験不足かと思われる個体が多く観察されました。
 とか考えてたんですが、一般的に巣立ちはまだ先のことなんですよねぇ。今日見た、あいつらは、なんだったんだ? 明らかに成鳥と思われる個体より小さかったんだが。カラスは体が大きくなるのが早いはずだから、まだ一歳ぐらいの若い個体とも考えにくい。認識が間違っているのかな。

 近くに植林されたと思われる木(10mぐらい)が立ち並ぶ道があります。道といっても、先の話と同じ堤防沿いなのですが。その木達が、葉っぱという葉っぱを手招きするかのように揺らしているのです(大げさ)。たぶん、昼頃だったので、光合成するための手段だったと考えました。しかし、帰り道、15時頃でしょうか。その時間には、もう葉っぱは動いていませんでした。
 あまりにも綺麗に葉っぱが動いていたので、つい見惚れながら運転してしまいました。見る限り、八割ぐらいの葉っぱが、風で揺れるには不自然な動きをしていたのです。実に幻想的でした。
スポンサーサイト

05/19|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。