QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 三国ヒーローズにて、こういう流れがありました。
 競売というシステムがある→競売を使うため(意図は不明)誰かが定時開催しないかと発言→ちょっとしたゴタゴタ
 このゴタゴタの中身は2つ。
・仕切られるのが嫌。
・この定時開催すると言った人が、競売に関しての注意喚起(詐欺に注意といったもの)を行い、それに対しての不満。

 これらを見た人の反応。
前者
 仕切られるのが嫌なら、お前がやれよ。
後者
 詐欺紛いしてた奴が、うまくいかなくなるかもしれないから言うなってことか。
両者
 ただの自己中なだけだな。

 さて、何がいけないのか?

 まず、競売定時開催に反対する人が、自己中であるのは否定できないだろう。ただしそれは、これを批判する方にも言えることだ。前者は、競売を止めろという立場で、後者は、競売をやろうという立場だというだけであろう。
 両者とも様々な理由があると思われるが、どちらも自己中な考え方である。それならば、「自己中だな」と批判するのは、方法としてどうなのだろうか。余談だが、私は「自分が出来ていないことについて他人に意見するな」というものに反対意見の持ち主だ。

 上記の意見はただの反応である。反論を主旨として書いたものではないと思われる。そもそも2chのレスだ。でも、ちゃんとした反論を考えてみよう。頭の体操だ。
 論破したい訳ではない。論駁になれば良いので、割と簡単である。「競売をなぜやりたくないの? こっちはやりたいんだけど。だからやりやすくしたいの」。両者とも立場を認識しやすくし、考えるのが先だろう。


 チラ裏如きに何マジになってんの?死ぬの?
>YES

 なお、書いた人が批判しているように見えるというだけで、多分に主観が含まれていることにご注意ください。
スポンサーサイト
05/06|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。