QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 今回はパート3です。
 前回、スカイプが云々と書いたおかげか、一人登録者が増えました。実にアクティブ模様です。

 単なる思考活動は簡単なことです。しかし、理想的な解を得ることや、有意義な活動にすることは難しいです。前者は、計算や判断のミス。後者は、前者の結果による創造物の質が悪いか、記録の失敗です。
 他にもありえますが、とりあえずです。あくまで一視点。

 理想的な解とは、ようは納得のいくものです。自分の考えた結果に納得がいかない事態など少ないですが(思い込み)、条件次第では多発すると思います。それは、問いが難解である、または、明確ではないことによって起こります。
 難解な問いとは、例えば、矛盾した問いです。自分の価値観を壊したい、などと思いついても、一人では高が知れた結果に終わるでしょう。明確な問いとは、一見難解な問いに見えても、求めているものは実は単純なものである(屈折した見方や何を求めているかはっきりしない)、ということが挙げられると思います。お話を見終わって、何となく納得がいかないことがあったとします。この何となくを明確にしてお話を見直せば、だいたいは解決すると思われます。これはきっと、明確な問いだと言えるでしょう。
 理想的な解を得ても、振り返ってみると変な解だった。そんなことはよくありますが、考えた時点では「良し」としていたのです。これは計算や判断のミスではなく、文化の変化と捉えていますので、今回の話からは外れます。

 有意義な活動とは、得るものがあることです。先ほど、「創造物の質が悪いと無意義」という感じに書きましたが、正確には、「まず有意義であると信じないことには無意義」です。何かに挑戦し、初心者の頃は駄作を次々と作り上げます。これはきっと、作品としては限りなく無意義ですが、練習という意味で有意義でしょう。
 しかし、これだけで有意義とは言えません。何かを得ても、紛失しては、無いも同然です。創造物を歪曲して覚えた場合には、価値が落ちる可能性があります。きちんと記録することも大事です。
 この記録に関しては、慎重にゆっくりと思考をすることや、保存方法を決める、といった『何となく』な解決方法しか浮かびません。

 私は重要なことを考えついても、すぐに忘れてしまいます。きっと、記録することに、使うことに価値を見出していないからでしょう。困ったものですね。
 3日前には書き上げていたのに、公開を忘れていました。困ったものですね。
スポンサーサイト

04/21|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。