QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 ここ数日、モンスターファームをやりながら(ミキサで音を小さくして)、にこにこ動画で実況動画を見ています。最初はモンスターファームの動画を見ていたのですが、見終わったので、新着を検索してみるとアストロノーカが出てきた、という経緯がありました。

 私はROMではなく、コメントを残すタイプの人間です。比較的コメントの量は多いと思います。
 コメントと言っても、様々なものがあります。例えば、こういうエッセーに対してだったり、議論の評価をしたりです。今回は、にこにこ動画のコメントについてのお話です。



 ブログではあまり使わない表現が多々ある。顔文字であるとか草であるとか、mixiを見てもらえれば判りやすいのだが、少しやってみよう。
「うはwwwwおkkkwwww」
「('A`)ウボァー やってらんね(゚∀゚)」

 私は顔文字が好きだし、草も好きだ。好感が持てる、という意味だけではなく、表現方法として良いと思っている。わざわざ、(笑)と書くよりも、『(゚∀゚)』や、『wwww』を使った方が楽だ。通じないことや、相手が快く思わないこともあるだろうとは思う。だから、ブログではできるだけ使わない。

 さて、何の話か。私のにこにこ動画に対するコメントでは、草を生やしてることが多い、ということ。書いていて、「うざがられるかなぁ」、「あー、気持ち悪いコメント残してる」という感想を自分で持つこともあるが、ちゃんと理由がある。

 対象物によるだろうが、コメントは考えて書くものではないと思っている。実況動画などでは、実況の気持ちで応える。例えば、アクションゲームの実況で、初見殺しの罠で死んだりしたら、「ちょwww」などと思い、コメントに残す。ラジオのような語りで、「こんなことありますよね~」と発言されたら、「あるある」or「ねーよ」と書く。

 この姿勢であれば、いわゆる荒らしコメントも気にならない。しかし、世の中には気にする人も存在するようだ。曰く、「自分のコメントを見返して、他人が不愉快と感じるだろうと思ったら、コメントするのを止めましょう」。
 こういう意見もあるのだ、と受け止めることはできる。これは楽しみ方や価値観の違いだろう。ただ、相容れないだろうということで、少し悲しくなるだけだ。

 そうそう、さきの話に戻るが、「うざがられるかなぁ」という気持ちに関する話もしておこう。
 これは単純な話である。こういう側面が自分にあるのだな、と思っているだけだ。

 自分の相容れない部分とは共存するのに、他人には否定をする。これは恐らく、優先度や正義感などの要素が絡むことと予想するが、話が逸れるのでここまで。
スポンサーサイト
03/26|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。