QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
SRCがまだ未完成なので製作を止めるわけではありません。
しかしドット絵とか、設定資料・台詞資料集めとか、ルーミアについて語るとかしたいんです。
大変申し訳ない形のものを公開しちゃいましたが、しばらく幻想郷というか、東方について考える時間を取ろうかと
今回はルーミア:求聞史紀偏
前回の続き

今回も引き続き妄想な日記です。
しかも阿求視点(信用度低)から読み取ろうということなので、変なことになりそうです。


阿求の視点から読み取ること

阿求、人間から見てルーミアはどれぐらい危険な妖怪かを、まず考えたい。
これ考えないと人間と絡ますか妖怪と絡ますかわからなくなりますし
とりあえず求聞史紀の危険度・友好度一覧をどうぞ。
勿論この表は、完全に資料として見るものではないと思っています。
しかし「人間」という立場から見るとかなり正しいものと見て進めます。

まず友好度
最悪について
これ……幽香様だし……参考にならない。
誰とも友好を築く気がないとか、阿求にこうさせたとか
幽香様が別格です。って分かるだけなので最悪についてはスルー


悪について
人間を恨むというか憎んでる(焼き鳥、人形開放)と悪になるようです。
敵対心があるとこうなるのでしょう。
リグルも一歩間違うと悪になるのかもしれない。蟲潰すなー!とか、そこまで頭悪くなさそうだけど


極低について
レミリアお嬢様とフランドールお嬢様がランクイン
悪ではないので敵対心は無いのでしょう。
しかし人間を殺すというか破壊するというか、とりあえずどうなろうが知ったこっちゃないってレベルでしょうか。
それとも紅魔館に泊めてくれたりはするけど、特に関りがないとか
気が向いたら助けてくれる、でもどうなろうと知ったこっちゃない。
人間にそれほど興味が無い。
などが考えられます、友好度が無じゃないだけ希望はある。(話反れそう)


低について
やっと本番です。この表だけで一つ記事書けそうで困ってました。
友好度が低いのはレティとルーミア……というわけでレティの求聞史紀を読み返してみた。

で、一つ思ったことは「人間とろくに会話しない奴らが低なんじゃねーの?」ということです。
極低との差は恐れられてる度合いなんじゃないでしょうか?絶対主観入りの表なんだから
レティは寒気を呼ぶんだから、人間と接する機会はほぼないだろうし、
ルーミアは目的もなくふよふよしてるだけだから同上だし……
でも、これだと友好度不明じゃない理由がわからないです。
つまり両者とも何か人間と関ることがあると思われます。
もしかしたらルーミアも、レティも、里に買い物に来るとか、するのかもしれない。
今まで考えたことなかったけど里に買い物に来るのは自然だと思われる。
これでまた一つ短編書けそう。


次は危険度
まず不明は飛ばして、極高から
幽々子様、萃香、吸血鬼二人、幽香様

幽々子様は能力と種族が故にこの危険度なのだろう。
傍から見てると何考えてるかわからないんだから、そりゃ危険に見える。
実際は危険じゃなさそうなんだけど……

萃香も種族が故にだと思われる。
鬼といえば人間の敵、人攫い、圧倒的に危険だろう。
でも人攫いするような気はあまり無い様子。霊夢のせいで

吸血鬼二人も種族による恐れ、危険。
吸血鬼も人間の敵で、吸血とか攫うとか、鬼より色々怖い要素はある気がする。
結局この二人も敵らしい事はしないんだろうけど、霊夢のせいで

最後に幽香様、危険……なのか?
うっかりバケツの水でもぶっかけたら殺されそうに見えるけど、その程度で殺すのも器がどうかと思う。
戦闘に巻き込まれたら危険とかなのだろうか、一般人には危険度ほぼなさそうに見えるけど。
友好度で書いたことと同じなのかな


高について
藍様、文、メディスン
藍様は仕事の邪魔をしたら危険っていうレベルなのか、九尾の狐として見た場合の危険なのか?
とりあえず仕事の邪魔なんてしたら藍様に限らず危険になるだろう、何で藍様が危険度:高なのかわからない。
紫の式神だからってことだからだろうか?これといって思いつかない

文は、新聞記者だし、ほっておいてもいいと少し思った。
しかしだ、一般人にとって文々。新聞が危険だろうか?
思うに阿求の主観で危険度が増されてるだけなんじゃないだろうか、一般人には関係なさそうな妖怪だし

メディスンはさっぱり分からない、なんで極高じゃないのだろうか
知名度が低いから?それでも毒は相当な脅威だと思われる。
少なくとも藍様や文と同列にしていいかが疑問に思える程には脅威だろう。
生まれたてで馬鹿だからってことなのだろうか、これもこれといって思いつくことはない


やってきました、危険度:中
数が多いので省略しますが、なんかよくわからない危険度です。
妖夢が危険なのは半人半霊だから(半霊にうっかり当たると冷たい)
リグルは蟲が苦手な人には危険
パチュリーは目の前で発作でも起こされたら危険
ミスティアは鳥目にされると危険
なんてことしか浮かびません、もうこれでいいかとか思えるほど浮かびません

それとレティが危険度高じゃない理由がよくわからない。
求聞史紀ではかなり危険な相手っぽく書いてあるんだけどなぁ

で、問題のルーミアです。
レティを除いて、上記の通りだとするとルーミアもさほど危険な印象はありません。
そりゃふよふよ闇を展開してるだけの妖怪は人間から見ても怖くないでしょう。
そして実際危険ではないようです。
というわけで、ルーミアは
「ろくに人間と接する事はないので友好度は低そうだけど、人間に対して害になることはそうそうしてこない」
つまり格好のエロゲの的ですね?


さて人間視点、次の話題は妖怪では弱い方だそうな
これ、ずっと気になってたんです。何でルーミアだけこれが書かれているのかと
そして今回考えて一つの考えにいたりました。
思うに紅魔郷一面、最初の妖怪、能力の割にはそんなに強くないを書いてみた(笑)なルーミアだからこそ書かれているんじゃないかと
そして弱い部類でも並みの人間では歯が立たないよと言いたいんじゃないのだろうかと
腕試しや勘違い人間の格好の的になりそうな妖怪で、割と知名度もありそうだからルーミアの欄に書いたとか

「闇が浮いてたよ、まじまじ」
「え?なにそれ?中身どうなってんだろうな」
「気になるよなー」
数日後
「中身幼女らしいぜ!金髪幼女」
「まじで!?今度襲おうぜ」
「俺ら普通の人間だぜ?無理無理」
「弱い妖怪なんだろ?」
「それでも並じゃ無理だってさ」

ルーミアは割りと目立つから知名度は高そう。
上のような会話が幻想郷であるとは思えないけど、言いたいことは「ただの人間じゃ勝てん」ってことなのでこんな会話に……
「何考えてるかわからない、でも人を食べる妖怪」っていうと妖怪の抽象的な形に見える。
つまりルーミアは東方における妖怪の代表だったんだよ!1!111!1!!!


闇について
周りの明るさに関係なく夜並の暗さにする能力のようです。
松明も無効化、太陽の光も無効化、多分魔法で出した光とかも無効化するんじゃないでしょうか。


単独行動について
特に友好関係は見当たらず、一人で目的もなくふよふよ浮いている。
これを見ると、もし友好関係があるとしたら謎が多い妖怪と付き合いがあるとしか思えない。
つまり紫と友好関係があっても不思議じゃない!


人間襲うのは格闘で人喰い
力業で襲われた!喰われかけた!て言った人がいたのかもしれない。
伝説があるだけかもしれない。ただの噂なのかもしれない。


新月のルーミア
これがいまいち分からない。
文花帖で夏の夜は気持ちが良いって言ってるのに新月以外の夜は闇を展開して行動する?
夜なら普通に闇を展開しなくてもいいんじゃないか?
設定資料1に書くのを忘れてたけど
月の光は大丈夫、闇を出す必要も無く、明るい
文花帖の時の妄想にまわしたほうが良さそうだ……


まとめ
ろくに人間と接する事はないので友好度は低そうだけど、人間に対して害になることはそうそうしてこない
(まさにNEET)
ルーミアが特別弱い訳じゃない
(むしろ実は強いんだよ!)
展開する闇は自分も含めて全てに効果がある闇
(それはもう、植物の成長の妨げになるぐらい)
友好関係はぱっと見無い
(ゆあきん!)
人間を襲うとかって伝承?
(まさに妖怪、襲われたら普通生きて返さないだろう)


資料の少ないルーミアでまだ続くって……
他のキャラクターをまとめることはあるのだろうか
スポンサーサイト
02/29|ルーミアコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。