QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 人間は常に色々なことを考えているはずです。「忙しいと思うこともないほど忙しい」、「ゲームしてたら夜が明けてた」、などという状況は別として、何かを考えています。しかし、考えているだけでは他者に伝わりません。例えば、眠い、寒い、といった単純なことも、考えているだけでは伝わりません。伝えるなら、何かしら発信する必要があります。

 このブログは主に、よくわからない事について発信しています。1日を生きていて、こんな事が起きた、という日記ではなく、とにかくよくわからない事を発信しています。よくわからない事を伝える方法は、それこそよくわかりません。国語の成績もよくない腕前で、せっせと、分かりやすいかもしれない文章を書いています。反応が無いので、分かりやすいか分かりにくいかの評価はできませんが(反応しろという催促ではない)。
 頑張って書いてはいるのですが、それでも書くのは大変です。何が大変かというと、『何を考えているのか』が分からないということ。人間は、単純に1つの事を考え、感じる訳ではなく、色々なことを同時に処理しているはずです。私は日々生きてきて、「これは日記のネタにな……る……?」というような経験を1日に5回は体験します。「ネタになる」と思った瞬間に、考え事は霧散するわけです。
 よくある解決方法として、“メモを取る”があるでしょう。しかし、メモを取ろうとする段階には霧散しています。残ったのは欠片だけで、この欠片から考えようにも、霧散する前の段階にたどり着くだけでも数十分はかかります。他の解決策に、“ボイスレコーダを使う”、“常に思考を出力できる環境にする”、が浮かぶのですが、未だ実行できていません。あと、妥協案になるのですが、“刹那な思考も、しばらく待てば熟成するかも”と放っておくのも良いかもしれません。私はとりあえず、この妥協案を採用しています。

正面戦士「思考が掴めない」
ルーミア「掴まずに、ふよふよさせておけばいいのよ」
正面戦士「それをすると記事が書けない」
ルーミア「書く必要があるの?」
正面戦士「書かないとブログが寂れる」
ルーミア「純粋に考えることと、ブログの存続。
      貴方には後者の方が価値があるのね」
正面戦士「……」

 パラドックスを1つ宿題として、今日はこれぐらいに。
スポンサーサイト

02/06|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。