QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 世の中、どうでも良いことを褒める人が居ます。どうでも良いこととは、場を持たせる為とか、自嘲気味に言われ(正しくは聞こえ)たりしたから、などのことを指します。悪いという訳ではなく、よく分からないというだけ。実際、自分でもそういう時に褒めることはあるし、そういう風潮なのだと思います。少なくとも自分の周辺では。
 そんな感想を抱いた今日。発展させて、タイトルのことを考えてみました。何に対してそうされたいのか、という対象があったほうが分かりやすいので、とりあえず、自分は何か創作物を創ったことにします。


 まず、『褒められたい人』について。これは、褒められたい為に創ったわけで、賞賛が目的となります。つまり目的を達成したという実感が、褒められることで得られるということ。「良いモノを創ったという確認のため」、などという考えもあるかもしれない。しかし誰かに、『良』という評価をもらっても、その“誰か”を尊敬でもしていない限り、その評価は創作物の評価に成りえません。自分が創ったモノを正しく評価できるのは自分だけなので、その評価の材料にするという理由で、褒められたいのだと思います。貶されても評価はできますが、自分の創ったものを良く評価したい願望はありがちです。
協力者から:
 名声が目的というものもあるそうな。なるほど。名声とは“良き評判”のことです。賞賛が集まれば、名声ともなりましょう。褒められたい人というのは、収束すると名声に行き着くのかもしれません。

 では、『叱られたい人』について。単純にマゾなのかもしれません。貶されることで快楽が得られる……。そういえば、褒められることで快楽が得られる人は、何て呼べばいいのでしょうか。サド? 賞賛を受けることで、その対象を下に見れるのかもしれませんが、どうだろう。少なくとも、対象は虐げられてないから、定義からははずれる。はてさて。
 マゾも一つの結論だと思いますが、もう一つ。自分を修正(研磨)する材料にしたい、というのもあると思われます。一人では気づかないことを他人に指摘されてはじめて気づく。そんな経験は、天才でもない限りあるでしょう。それを前提に置いての、『叱られたい』願望です。
協力者から:
 社会的立場が高い人間など、普段媚びを多く受ける者はそうなることもある。叱られることが珍しいのか、はたまた、賞賛よりは説教の方が真実の度合いが高いイメージがあるからなのか、そういうこともあるのかな。

 割と二元論的な意見を書きましたが、共通事項もあります。というより、この共通事項が曲者。それは、「構って欲しい」という願望です。叱られたいというのも、褒められたいというのも、そういう願望が多少なりとも存在します。だって、存在しなかったら、「~~されたい」という状況にはなりません。そして、「構って欲しい」をどう調理するかで、上のどちらかになる訳です。

 私自身、後者の人間に属します。マゾってのも、まあ、否定はしませんが、自分が変人だと少し(小さじ一杯ぐらい)だけ自覚しているので、誰かに修正して欲しいという願いは強いです。その修正に反論して、納得いかない時も多いですが……。あ、前者が投げやりな文体なのは、理解できないからです。投げやりに感じないのなら、それは読んでいる人の評価云々……。
 理想は、褒められても、さほど嬉しくない、叱られても、そういう人が居るんだな、と自己完結できる。そんな人間です。
スポンサーサイト
01/15|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。