QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 とても若干灰色蜜柑箱のせいで、大妖精について考えてみようと思い至れました。
 東方求聞史紀(以下、求聞史紀)を資料に、妖精の考察から大妖精に広げてみよう。東方三月精は、残念ながら漫画版の方しか持ってないので、資料からはおおよそ省いています。また、名無し考という記事も過去に書いてあったので、読んでみると面白いかもしれません(主に書き手の変化が面白い)。

 まず、いつもどおり、求聞史紀をどこまで信じていいかどうか。今回は『妖精』という種族について考えるわけですので、個体について考えるわけじゃありません。よって、かなりの度合いで、記述そのままを受け入れて良いと思われます。理由として、例えば、チルノという個体を考えようとしたとします。考えるにあたって、求聞史紀だけを資料にして見ると、端的にいうと「ばか」ということがわかり、この「ばか」の具合は、手の施しようがないぐらいどうしようもないレベルだと読み取れます。しかし、花映塚などを見てもわかるとおり、チルノはチルノなりの考えがあります。その考えは、どうしようもないという類ではなく、微笑ましい類であるように感じられます。
 例が長くなりました。求聞史紀のデータは、阿求の主観が多分に入っているからあんまり信じるな、ということです(チルノとか顕著に見える)。それでも、種族や地域の情報、妖精や妖怪、といったもののジェネラルなデータについては、主観の入る余地が少ないと考えられます。なぜなら――、と続けてしまうと何の記事かわからなくなるので、これまで。

 さて、大妖精の話でした。求聞史紀には『大妖精』という項目はないので、『グレートな妖精』と捉えて良いと考えます。つまり、『妖精項』を読み、紅魔郷に実際出てくる大妖精を見て、どんな妖精なのかを考えよう。なお、考える対象はあくまで、“紅魔郷2面中ボスの大妖精(以下、トリル)”であって、一般的な大妖精については考えようとしません。

 上に書いた順とは逆ですが、先にトリルについて観察しましょう。
・黄色いリボン。緑色の髪。髪色はリグルより鮮やかな色だと思われる(悪く言うとけばい色)。
・チルノのような服。服の色はチルノが紫寄りなのに比べて、トリルの方が青色。柄も少し違う。
・黄色い翼膜に透明な羽。下の方まで羽があるように見えるから、虫羽というより天使羽に見える。
 求聞史紀の『妖精項』には、容姿についての詳しい記述はないので、これらは特に気にしません。
・緑色のクナイ弾。赤色のクナイ弾。恐らく、2の乗数WAYの固定弾幕。
・緑色は時計回り、赤色は反時計回りに撒く。出だしの弾は弾速が遅く、終わりの弾は速い。
・青と白の氷弾。奇数WAYの自機狙い弾。
・白の氷弾は途中からもう一度自機を狙ってくる。
 容姿と同じように、弾幕についての記述もないですが、妄想のタネにします。

 妖精は“自然現象そのものの正体”、とあります。ゆえに、トリルも何かの自然現象となります。そして、大妖精は『グレートな妖精』という考えから、自然現象を二つ以上扱えるのではないかと予想(普通の妖精が一つだけという根拠はない)。
 弾幕から考えて、風の一つである『つむじ風』だと私は思います。最初のクナイ弾の撒き方がつむじ風に見える。もう一つの氷弾の正体は『雹』だと思っています。つむじ風で巻き上げた氷を降らすようなイメージ。

 上記のようなことが妄想できました。トリルの解釈の一つということで。今日も何がしたいかよくわからない記事だった。トリルの属性の話? ルーミアは闇属性?
 以下、余談を一つ。

 橙が画面から消えたと思ったら逆から現れるのは、“動きに緩急を付けて惑わしているから”、と説明されています。では、大妖精のテレポートのようなものは、何なのか?
 中ボスとして登場したトリルは霊夢たちから見て、かなり下に出現。まず、第一波のつむじ風で弾幕を巻き上げ、最後に自分も高く打ち上げる。第二波では、霊夢たちと同高度辺りになる。この際の急上昇でトリルを見失うわけです(射線から居なくなる)。そして、再度つむじ風で霊夢たちの上に移動。それから雹に見立てた弾幕をふらします。ふらしながら急降下、最初に戻る。
 中ボストリルの無理やり解釈でした。
スポンサーサイト
01/14|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。