QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ただの日記でも、無理やり東方に繋げて考えてみよう、のコーナー。
今回は東方キャラクターの交友関係について、無駄な考えを展開してみましょう。
ところで、追記に書かない方がいいのか、追記に書いてスリムにした方がいいのか、どっちなんだろ。

友人……欲しいです……。
リアルな話じゃなくて、ネット上的な意味で。

『ある程度の被害を許すことができ、自分の生きかたに影響を与えることもある』
私の中の「友人」はこのように定義されています。
被害ってのはお金や時間、身体的なことを、行き過ぎないぐらいなら許せる(気にしない)。
この人の考えは参考にできる、尊重・尊敬できる、といったようなことから、自分のことを自然と省みることができるような人間。


さて、本題です。
まずは幻想郷の人妖の交友関係はどうなってんの?

~紅魔郷
レミリアとパチュリー。もしかするとフランも
――番外
紅魔館の方々。従者だったり同僚だったり客人だったり。

~妖々夢
幽々子と紫
――番外
プリバ姉妹と西行寺。友人かどうかは微妙。
藍と西行寺家。花見から知り合っていても不思議じゃない。

~萃夢想
萃香と紫

~永夜抄
輝夜と永琳。従者関係に見えるが、実際は友人にように見える。
――番外
永遠亭の人妖たち。一番複雑な関係を持つ永夜抄。
妹紅と慧音。友達だと思いたい。

~花映塚
色々。

大まかに見てこんなところでしょうか。
マッチモードがある花映塚はかなりの資料になりますが、本当、もう、色々です。
いいじゃない。線引き面倒くさいんだから。


ところで、妖怪に友達とやらは必要なのでしょうか?
この友達は、悩みを相談できたり、たまにはお喋りしたり、いわゆる交友関係にあることを指しています。

例えば、ルーミア。
阿求の資料や文の記事では、ルーミアには友達が居ないように思えます。
他には、レティ。
ルーミアと同じく、です。

キリがないので逆に友人持ちを見てみましょう。
代表として紫。
紫は直感的に理解しやすいように思えます。
幽々子とお喋り、萃香とお喋り。喋りたがりです。
幽々子にとって紫は数少ない理解者(誤読を招きそう)ですし、萃香は圧倒的自信を持っていても紫を認めています。
他にはレミリアもわかりやすそうです。
暇つぶしのネタとしてのレミリア。図書館が欲しいパチュリー。


うーん。結局何が言いたいのかよくわからないものになりました。駄文。
交友関係の整理だけにしておけばよかったです。コレは酷い。
ただ、言いたいことは、妖怪が仲良くキャッキャウフフしてるのは好みじゃないってぐらい。
条件にもよりますし、押し付けたい訳でもない。
スポンサーサイト
11/28|東方Projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。