QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 とても若干灰色蜜柑箱のせいで、大妖精について考えてみようと思い至れました。
 東方求聞史紀(以下、求聞史紀)を資料に、妖精の考察から大妖精に広げてみよう。東方三月精は、残念ながら漫画版の方しか持ってないので、資料からはおおよそ省いています。また、名無し考という記事も過去に書いてあったので、読んでみると面白いかもしれません(主に書き手の変化が面白い)。

 まず、いつもどおり、求聞史紀をどこまで信じていいかどうか。今回は『妖精』という種族について考えるわけですので、個体について考えるわけじゃありません。よって、かなりの度合いで、記述そのままを受け入れて良いと思われます。理由として、例えば、チルノという個体を考えようとしたとします。考えるにあたって、求聞史紀だけを資料にして見ると、端的にいうと「ばか」ということがわかり、この「ばか」の具合は、手の施しようがないぐらいどうしようもないレベルだと読み取れます。しかし、花映塚などを見てもわかるとおり、チルノはチルノなりの考えがあります。その考えは、どうしようもないという類ではなく、微笑ましい類であるように感じられます。
 例が長くなりました。求聞史紀のデータは、阿求の主観が多分に入っているからあんまり信じるな、ということです(チルノとか顕著に見える)。それでも、種族や地域の情報、妖精や妖怪、といったもののジェネラルなデータについては、主観の入る余地が少ないと考えられます。なぜなら――、と続けてしまうと何の記事かわからなくなるので、これまで。

スポンサーサイト
01/14|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
妄想はできるんです。

08/24|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
タイトルがどことなく卑猥というかグロ?
内容はいつもどおりの妄想でございます。
途中で眠くなって、はたまたいつも通りの乱文。

06/05|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日記ネタもあるのに書かないのも、
一日一話の更新が遅れてるのも、
自転車のタイヤに空気を入れた時に手が黒くなるのも、
ぜーんぶルーミアのせいだ

05/09|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
レミリアは銀髪だと思っていました。
実際紅魔郷の立ち絵は銀っぽいです。
でもドット絵、ED絵となると少し青っぽくも見えます。
萃夢想に至っては間違いなく青です。

月明かりに当たると銀になる程度の青なのか?
適当に資料を漁っても髪の毛の色について言及されてる者は少ないです。
とりあえずはレミリアの髪の毛は青がかった銀ということで。

咲夜さんが銀髪っぽいから被ると駄目なのかね
04/09|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
咲夜さんとレミリアが出会うお話ってのは大抵の人が考えるものだと思います。
考えない?それは失礼しました。
今回の日記は、出会うまでの流れなどを私的にまとめたもの+αです。

03/31|考察:紅魔郷コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。