QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
機会があれば、またお会いしましょう。
スポンサーサイト
07/26|日記コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
くだらない小説。読者がどう思うかは私の感知するところではない。

07/25|小説コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
なんかここに来ていろいろと新しい発見がある。
強迫性障害とか、タイトルの全能感とか、良いね。
やっぱり教育が悪かったのかなぁ、と思わざるをえない(自分含)。
全てを悟った気にならないと生きていけないが、全てを悟った気になると死んでしまう。
この理屈だと、つまり、死こそが生か。
07/23|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 力をコントロールするには、まず、どれほどの力が出せるかの確認が必要だ。次に、目標や理由を考える。前方1m地点にボールを投げたい、といったものだ。
 これは思考にも当てはまることだと思う。しかし、私には、思考を制御する理由が見当たらない。正確には、要らない思考を止めたい、というような理由がある。制御するにあたる理由がない、が正しい表現だろう。
 身体の手加減はするのに、思考の手加減はできない。これは、たぶん、思考は手加減しなくても目だった問題がないからだと思う。不都合がないなら、全力でやってしまう。思考することが、すなわち、頭を良くすることだと信じているからだ。
 さて、思考をコントロールできない人間は、頭が良いだろうか。私は良くないと思う。では、上記の対処をやってみるべきだが、なぜかやる気が起きない。
 本当の問題は別のところにあるのだろうか。

 追記はただの日記。

07/23|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 相談とは、互いに意見を出して話し合うこと、他人に意見を求めることのようだ。相談は結論を出すものではなく、主に、情報収集、新しい価値観の発見、意見の研磨などに使われるのだろう。私は問題の解決法の1つと認識していた。これを読んでいる人はどうだろうか。

 今日、病院の精神科に予約を入れた。「お前鬱だから病院行け」、とそれなりに言われた経験があるからだ。
 さて、病院という場所は、何らかの不調を解決するために行くものである。自分の不調を解決ということは、肉体的なことでも精神的なことでも、最終的には自分が解決しなければならない。医者は、解決の手助けをする職業だ。例えば、風邪なら薬をもらい、「安静にしてください」などのアドバイスをもらう。怪我をしたなら、消毒や縫うなどの処置を行う。経過は患者に任せることになる。
 上記の例については、問題がはっきりしているのだから、医者は対処し易い。しかし、心の問題というのは非常に曖昧なものである。目に見えないし、正確に言語化ができないからだ。状況を正しく把握できない。つまり、対処が正しくできない(正しい対処があるのか知らないが)。

 患者は解決したいのだから、これらを踏まえて、医者に情報提供をしなければならない。怪我の場合は、見せることで充分な情報提供となるが、心の問題は説明しなければならない。解決したい問題と、なぜ解決できないのか、ぐらいは説明できるようにしておくべきだろう。医者もプロなのだから、そこからは何とかしてくれるものと想像する。

07/21|エッセーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 最近、にこにこ動画にある『【記憶力強化】 記憶力をつけたい君へ 作業用BGM』を聴いています。これを聴いていると、どうも右脳が疼く感じがする。これがリラックスというものであろうか。

 実行しようか悩んでいること。これは良いと感じた言葉を集めて、自分の感覚の傾向を掴む。
 問題は、ブログに書いてしまうと著作権的に危ないかもしれない。ついでに時間もない。残り時間が増えたらやってみようかな。

07/20|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 傍から見たら、ただの鬱日記を量産しているブログである。しかし、鬱が何なのかを考えたことがない私は、気にせず書くことになるのだ。
 鬱についてのエッセーでも書こうかしら。

 ふと気づいたことなのだが、“大波こなみ”という単語に誤解される要素があった。日本語を正しく使おうと思っている私としては、恥ずかしい限りである。
 今まで使っていた、“大波こなみ”という単語には、“私の神”という意味で使われる箇所が多々ある。識別のために、このブログでは“大波こなみ”は声優のそれを指し、神と書けば“私の神”としておこう。このような厄介な問題が生じたのは、私が神のことを「大波こなみ」と呼んでいるからである。

 さて、私が辿るべき道は3つある。
1.大波こなみに会う。
2.神と共に消える。
3.楽しく生きる。

 誤解のないように、追記に詳しく書き記してみよう。

 しかし……、こういう類の話は、当人が読んだら身の毛立つような内容ではないだろうか。読むようなことはないと思うが、勝手な同情をせざるを得ない。合掌。

07/19|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ブログ内検索
プロフィール

正面戦士

Author:正面戦士
ルーミアバナー
バナーをクリックするとこのブログの説明らしきところにジャンプします。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
アクセスカウンタ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。